牛乳をこぼす 〜 子育てブログ【今だから笑える育児失敗談】

main_top_over_navi
main_top

牛乳をこぼす


うちの子供たちは、ご飯を食べだしてしばらくすると飽きてきて遊びだします。
集中して食べる時間は、日によって1分?5分くらいでしょうか?
すぐに椅子から降りて遊びだそうとする下の子は、私のスパルタ教育によって、最近は食べ終わるまで椅子の上にいることができるようになりました。
でも、隣に座った上の子と足で蹴りあったり、くすぐり合ったり、挙句の果てには喧嘩を始めます。
向かい合わせにしたら遊ばないで食べるかしらと思い、向かい合わせたら今度は机の下から覗きあいっこしています。
ご飯を口に入れたまま、なかなか飲み込みません。
それで遊びに夢中でむせてふきだしたり、咳き込んだりで毎日のようにご飯つぶが宙を舞っています。
毎日イライラを我慢しながらご飯を食べさせている私ですが、さらに牛乳をダーッとこぼされた日にはプツッとなってしまいます。
またよく牛乳をこぼすんです・・。
そんな日々が繰り返されるうちに、私は牛乳がこぼれると怒る癖がついてしまいました。
この間、さ?ご飯だよ?!と牛乳をのせたトレイをテーブルに運ぼうとした瞬間、自分の肘が壁に当たって、牛乳をぶちまけてしまいました。
・・・。そのまま呆然と立ち尽くしていました。
それを見た上の子は、タオルを持って飛んできました。
ママいいんだよ、ぼくのひざが濡れてもいいんだからね、足が濡れてもいいんだよ、と言いながら、牛乳だらけの床を自分も牛乳だらけになりながら、牛乳でびしゃびしゃのタオルで拭いてくれています。
上の子は、牛乳をこぼすと私がものすごく怒るのをよくわかっているのです。
そして、牛乳こぼしてごめんね、と私にあやまってきました。
私は、ごめんね、牛乳こぼしたのはママだよ、拭いてくれてありがとう・・。と上の子を抱きしめました。
牛乳がこぼれたからってなんということはないのです。
白くて目立つけど、フローリングの溝に入って臭?くなるけど、それはいっときの話です。
もうガミガミ怒るのはやめようと思いながら、私は残った牛乳を拭きました。
でもやっぱりご飯の時間は遊びだす子供たちにイライラしています。(笑)


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 子育てブログ【今だから笑える育児失敗談】 All Rights Reserved.

FX