兄弟喧嘩 〜 子育てブログ【今だから笑える育児失敗談】

main_top_over_navi
main_top

兄弟喧嘩


兄弟喧嘩は、けんか両成敗といきたいところですが、片方が赤ちゃんの場合はそうもいきません。
下の子がずりばいを始めて、自由に動けるようになりだしてから、我が家でも兄弟喧嘩の光景が見られるようになりました。
しかし動けるといってもまだずりばい程度、座ることもままならない生後半年の赤ちゃんと、3歳のお兄ちゃんの喧嘩です。
かわいそうで見るに耐えません。涙
まだやわらかい頭をおもちゃで叩かれたり、顔をひっかかれたり、蹴られたり踏まれたり、押し倒されて後頭部をガンッ!!
これは生命にかかわるので、さすがに怒ります。
上の子の話を聞くと、自分のおもちゃに触られるのが嫌だとのことでした。
考えた私は、じゃあ、おもちゃに触られそうになったら、足を持って引きずって、おもちゃから遠くまで連れてったら?と提案しました。
それから、ギャーギャー泣きの下の子の足や手を持って、引きずっている姿がよく見られました。
下の子にはかわいそうだけど、もうちょっと反撃できるようになるまではしょうがないわね?と笑いながら見ていました。
そんな日々が続いたある日、下の子の後頭部がやたら薄くなっていることに気づきました。汗
こ、これは、まさか、引きずられハゲ!?
うちの床はコルクマットを敷き詰めているので、フローリングよりも摩擦が強いのです。
裸足でずりばいをすると、摩擦で足の指の皮が剥けて、コルクマットに血のあとが点々とついてしまうため、いつも靴下を履かせていました。
もう寝っぱなしは卒業していたので、このハゲは、まだ寝返り程度の赤ちゃんがゴロゴロ頭を動かしてできるハゲとは違うはずです。
下の子のもともと薄い産毛のような髪の毛は、上の子に引きずられてすりきれてしまったのでしょう・・。
元はといえば私のせいです・・。
しばらく、下の子のハゲを見ながらヘコむ日々が続きましたが、半年くらいでようやくふさがりました。
下の子が1歳半を過ぎたごろからは、バットなどの武器も使うようになってきて、逆にお兄ちゃんを泣かせるなんてこともでてきました。
現在は上5歳、下2歳ですが、完全にけんか両成敗です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 子育てブログ【今だから笑える育児失敗談】 All Rights Reserved.

FX