自転車補助輪外し 〜 子育てブログ【今だから笑える育児失敗談】

main_top_over_navi
main_top

自転車補助輪外し


うちの上の子も5歳になり、あと数ヶ月で年長さんです。
先日、公園で遊んでいるとき、偶然出会ったお友達のママから、そろそろうちも補助輪取ろうかと思って・・との言葉が出ました。
もう補助輪取るの?とびっくりして聞くと、早いほうがいいよ?、小学校入ると自転車乗れる子と乗れない子の差がはっきり出るよ?だそうです。
そうなんだ・・。
人の言うことにすぐ影響される私は、その晩すぐにパパに話し、来週土日に補助輪を取ることに決定しました!
でも、うちの上の子って、すっごいビビリなんです。
補助輪を取るなんて言ったら、どうなることやら・・想像してパパと一緒にため息です。
きっと転んだら、もうやらない!ってなるから、なるべく転ばさないように練習しなきゃだし、すぐへこたれるの叱咤激励しながらの練習になるのが目に浮かびます。
一週間が早々と過ぎ、当日朝、上の子はパパと一緒に近所の自転車やさんへ行って、補助輪を取ってもらいに行きました。
上の子はなんとも悲しい顔で、補助輪2つを両手に抱えて帰ってきました。(笑)
ほら行くよ!とパパに言われて、自転車ちっちゃいタイヤないのやだ・・と言いながらトボトボ後についていきました。
午前中パパと公園で練習して、お昼に帰ってきましたが、これは明らかにへこんでいる様子です。
1回転んだら5分はそのまま動かないんだよ、とパパが苦笑い。
これはパパママ二人がかりかな?と午後は家族全員で公園へGO。
自転車を置いたままブランコで遊びだす子供たちを見ながら、はて、補助輪てどれくらいで取れるのかしら?と疑問が浮かびました。
パパ?補助輪て1日で取れるよね?と聞くと、1日は無理でしょ、あの子はビビリだから結構かかるよ、だって。
ブランコで遊ぶ上の子に、自転車やろうよ?今ならママが一緒に練習してあげられるよ、と誘って、ママと練習開始です。
自転車の後ろを持って一緒に走るのですが、けっこうきつい!
左側に体重をかける癖があるらしく、すぐ左に倒れてくるのを押し戻しながらダッシュです。
公園を一周して戻ってくると、きついでしょ(笑)とパパが半笑いです。
その後、パパと交代しながら公園を何周かしましたが、やっぱり1日じゃ取れませんでした。
上の子の自転車の練習をしている間、下の子2歳はサッカーボールでドリブルの自主練をしていました。(笑)


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 子育てブログ【今だから笑える育児失敗談】 All Rights Reserved.

FX