注射 〜 子育てブログ【今だから笑える育児失敗談】

main_top_over_navi
main_top

注射


生後3ヶ月ごろから予防接種が始まり、その後しばらく毎月注射をうつ生活が続きます。
わけのわからない赤ちゃんのときは、注射という言葉には反応せず、針を刺されるときだけびっくりして泣きます。
でもだんだん言葉や状況がわかるようになってくると、子供は注射を怖がるようになります。
うちの上の子は、ちょっと遅めで4歳ごろから注射が怖くなってきました。
今日は病院へ行くよ?というと、注射しない?と必ず聞いてきます。
注射をする場合でも、注射しないよ、言っておきます。
だって、そんな病院行く前から、注射するよ?なんて言ったら、病院行かない!って暴れますでしょ?
病院へ着いて、看護婦さんに、今日注射しない?としつこく聞いている息子に、看護婦さんは、う?ん注射するよ?ニッコリ。
ああ・・言ってしまったのね。
とたんに、子供は、ヒ?・・注射やだ?やだ?・・泣。
挙句の果てに看護婦さんつかまえて、注射しないで、ね、お願い、注射しないで、と嘆願する始末。
大丈夫だよ?痛くない、かもしれないよ、とごまかす私。
すっごいちっちゃい注射だから、全然痛くないよ、前やった注射のほうが全然痛いよ、などとなだめながら、いざ診察室へ。
診察してくれてる先生に向かって、こわいこわいよ?早くして?早くして?と半泣きで急かす息子に、先生は半笑いです。
じゃあ早く打とうね、と注射をチクリ。
・・ヒ??・・・。
甲高く、かぼそい悲鳴をあげて、注射終了です。笑
痛くなかったでしょ?と私が聞くと、・・痛かった、とべそかいています。
診察室を出ると、もう元気になって、注射したところに貼ったシールをはがしたくてしょうがない様子。
注射嫌いだけど、忘れるのも早い?みたいです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 子育てブログ【今だから笑える育児失敗談】 All Rights Reserved.

FX