テレビ出演1 〜 子育てブログ【今だから笑える育児失敗談】

main_top_over_navi
main_top

テレビ出演1


我が子をテレビに出演させたいと思うのは、どの親も同じですよね。
うちもそんな親の一人で、上の子をNHKおかあさんといっしょに出演させたくて、毎月応募していました。
なかなか当たらないなぁ・・と思っていたら、突然当選ハガキが届いて、来月収録ですって!
来月ってもうすぐじゃん!服はどうしよう、たくさん子供がいるから、オシャレかつ目立つ服じゃないと!
風邪をひかせないように、手洗いうがい、マスク着用を徹底して、収録当日をむかえました。
収録は平日だったけれども、パパに仕事休んでもらって、両家のおばあちゃまも見に来るとかで、ファミリーツアー状態で渋谷NHKへ向かいました。
久しぶりに渋谷に来たけど、かわいい子が増えたなぁ・・とおばちゃん的な思いにふけりながら、集合場所へテクテク歩きます。
集合場所では、ライバル?の子供たちがたくさんいます。
ここで他のお母さんに気さくに話しかければ、子供同士も仲良くなって、収録もスムーズに行けるかも!と思いつつも、親子ともども人見知り発揮。
そのうち、前の回の収録を終えた子供たちとお母さん方がわらわら出てきました。
ここで、スタッフの方から、スタジオに入れるのは保護者1名のみです。と無情な言葉が発せられました。
ハガキにかいてあったけど、やっぱりか?・・と、パパと次男、おばあちゃまたちは、上から収録の様子が覗ける場所があるスタジオパークへ移動。
家族とバイバイして、私と長男の緊張は一気に高まります。
エプロンお姉さんたちに案内されて、建物内に入り、トイレを済ませ、しばらく待っていると、だいすけお兄さん、たくみお姉さん、よしお兄さん、まゆお姉さんがお迎えに来てくれました。
おともだちは、お母さんと手を離して、前の方にきてくださ?い!とお兄さんお姉さんに言われて、元気なお友達はさっさと動いていますが、うちの子はママの手を離さず、帰りたい・・と半泣き。
収録時の注意事項の説明を受け、いよいよスタジオへ移動です。
たくみお姉さんを先頭に、元気なお友達が続き、元気なお友達の保護者、その後をママと離れられないお友達がいそいそと続きます。
続きは、テレビ出演2で・・


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 子育てブログ【今だから笑える育児失敗談】 All Rights Reserved.

FX